「プランクトン」の多くは、身近な水中に住んでいるミクロな生き物ですが、多くは肉眼では分かりません。そしてその生活は謎に満ちています。しかし顕微鏡で覗けば、美しく精巧な、時にはユーモラスな姿や行動に惹かれる人も多いのではないでしょうか

 
私の専門は、動物プランクトンや微小な水生動物の生理生態と、幼生期の魚介類のベビーフードとしての応用。飼育研究による水生動物の環境応答の機構解明と、行動や遺伝的特性を検討することと、栽培漁業や沿岸環境診断への展開です
 

2018.4    日本農学賞/読売農学賞を受賞しました。お世話になった皆様方に感謝いたします。
 
 日本農学会のページ
    読売新聞社のページ
    長崎大学のページ


2017.9.24 本を出版しました。
Hagiwara, A., Yoshinaga, T. (編)Rotifers: Aquaculture, Ecology, Gerontology, and Ecophysiology. Springer, 176p.   
 
出版社のページ
 長崎大学のページ

 
 次は最近書いた読み物です。ご関心がおありでしたらクリックして下さい

2016.6  -「ワムシの生物学と水産学:ミクロ生物の高等芸」 日本水産学会誌 82巻 3号 p.251-261.  平成27年度日本水産学会賞受賞

2015.12  -「新種ワムシの命名で考えたこと」 日本農学アカデミー会報 論壇 第24号 p. 32-37.

2011.3 ー 東日本大震災における支援活動について
 附属練習船・長崎丸 乗船レポート

  趣味はマラソン、山歩き、温泉。地元の長崎居留地男声合唱団、橘湾岸マラニック・サポートクラブのメンバーです。小さい頃は、かけっこと音楽が苦手でしたが、いつの間にやら趣味になりました


 

新着情報

2016年02月16日 日本語ホームページを更新しました
2016年07月05日 英語ホームページを更新しました